2010年06月14日

「基地経済」からの離陸(上)普天間問題、「怒り」の真実

今日読んだNBONLINE『「基地経済」からの離陸(上)普天間問題、「怒り」の真実』は、ぜひ多くの人に読んでほしいと思う内容だった。これを読んで、それでもまだ、普天間問題の民主党の決着はやむをえないと思うのなら、それは、”ウチナンチューの驕り”と言えないか。
特に、今回の菅総理の解決方法には、「アメを与えれば収まるという国家の思い」上がり、”札束で頬をひっぱたく”奢れる者の姿が透けて見えるのではないか。

記事の中から、いくつかのフレーズを紹介したい。(赤字、太字、◆は、ブログ主N修飾)


◆巨額のカネが投じられても、地元経済は上向かなかった。松浦氏はこうした「基地経済」への依存に危機感を抱き、辺野古移設反対の運動に加わってきた。
「負の遺産をさらに増やせば、逆に沖縄を潰してしまう」

◆ 「もう、安易な補助金頼みはやめた方がいい」
 松浦氏は、同じことを繰り返しながら、静かに地元が蝕まれていく循環を止めたいと思っている。
 そんな思いは静かに広まっている。事実、地元住民から、稲嶺市長の判断を非難する声はわき上がっていない。「箱モノ行政」が、もはや地元を潤す振興策にならない現実を、県民は思い知らされてきている。

◆平成の琉球処分

 沖縄振興開発計画。1972年に沖縄が本土復帰を果たすと、政府は経済復興に向けた巨額の補助金制度を創設した。住民の4分の1が犠牲となった沖縄戦への補償と、広大な米軍基地を引き受ける見返りだった。

 だが、振興計画に記された10年間が終わっても、沖縄経済は低空飛行を続けていた。そして、10年ごとに改訂しながら繰り延べを続けてきた。現在は第4 次振興計画の終盤にさしかかり、2012年には終了することになる。

 さらに第5次振興計画に突入するのか――。

 4月23日、県庁は「新たな振興計画が必要」という認識を示したが、地元経済界は沈黙を続けている。

 そこには、国家が示す「アメとムチ」の構図にいつまでとらわれ続けるのか、という沖縄の葛藤がある。

 普天間移設問題でも、「アメを与えれば収まる」という国家の思いが透けて見える。「最低でも県外」のはずが、結果的に沖縄本島と鹿児島県徳之島という、東京から遠く離れた南の島々に押しつけて問題の決着を図る。

◆ 「平成の琉球処分

 沖縄では、一連の政府の判断を、そう表現する。

 たとえ一部を徳之島に移しても、そこはかつて琉球王国に属していた土地だ。しかも、戦後には米軍政下に置かれ、本土に復帰したのは1953年のことだった。

 北緯29度以南は、琉球文化を色濃く残す土地。だから、政府は「捨て石」として使いやすいのではないか。かつて廃藩置県で、強引に国家に組み込んだ「琉球処分」と同じ発想が、平成の時代にまかり通っている。沖縄県民は、そう感じ始めている。

 「アメさえ与えれば、最後は受け入れる」。そうした安易な懐柔策は、もはや通用しない。

 「米軍基地がなくなった方が、経済効果が高い」(照屋寛徳・衆議院議員)

 昨年の衆議員選挙は「革新候補」が圧勝し、沖縄県選出の国会議員は、「基地反対」でまとまっている。それは、大部分の県民の意思を表している。

 「米軍跡地の開発が成功したことによって、基地撤退後の不安が薄らいでいる」(久高豊・りゅうぎん総合研究所取締役調査研究部長)

posted by flyhigh28 at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

「是非とも私を信頼して」?!

騙すとき、欺くとき、裏切るときの典型的なキメぜりふ。テレビドラマで男が女を捨てる前に吐くコトバに似ている。政治家が国民を失意のどん底に叩き落す前、まじめに、真剣な眼差しで語りかけるコトバにそっくりだ。

菅新首相は所信表明の最後の方でこんなことを言っている。
・相手国に受動的に対応するだけでは外交は築かれないと学んだ
・この国をどういう国にしたいのか、時には自国のために代償を払う覚悟ができるか。国民一人ひとりがこうした責任を自覚し、それを背景に行われるのが外交
・日米同盟は、日本の防衛のみならず、アジア・太平洋の安定と繁栄を支える国際的な共有財産と言える
・これまで、日本において国家レベルの目標を掲げた改革が進まなかったのは、政治的リーダーシップの欠如に最大の原因がある
・つまり、個々の団体や個別地域の利益を代表する政治はあっても、国全体の将来を考え、改革を進める大きな政治的リーダーシップが欠如していた

そこで、実際にやったこと、やろうとしていることを検証すると、6日未明、オバマ米大統領との電話会談で、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題で鳩山政権が5月に米政府と合意した日米共同声明について、日米合意を順守する考えを表明した。

これは、「日米同盟は国際的な共有財産であり、国全体の将来を考えたら必要なことである。自国のために代償を払うことも覚悟すべきだから、日米合意は順守するんだ」と読める。

地域主権の徹底が不可欠と言い、総論の段階から各論の段階に進むときだと言っているが、傍で支えた鳩山前総理が公言し県民に期待を持たせ、そして今でも県民の圧倒的多数が望む「県外、国外移設」の思いを踏みつけておきながらである。

これは、テレビドラマではない。有権者は、傍観者的に、このキメぜりふを聞いていて良いのだろうか。

 

posted by flyhigh28 at 11:31| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

庶民増税で「再生」?

今日6月10日のしんぶん赤旗「清流濁流」に、座布団1枚!赤旗のホームページに載ってるかどうか。載ってないと勝手に考えて、そのままここにコピペしよう。

 菅直人新首相は初会見で数日前から沖縄の歴史の本を読み始めたことを明かしました。これから沖縄史を勉強されるそうです。そういえば菅氏は財務大臣に就任したときも故サミュエルソン教授の『経済学』を購入。しかし、自民党議員に「読んだか?」と聞かれると「10ページだけ読んだ」。その後、読破されたという話は聞きません。

 菅氏の掲げる経済政策は「経済成長、財政再建、そして安心できる社会保障をいったいとして実現する」というものです。

 どうしたら、そんなことができるのでしょうか。答えは、”不況下の増税”です。不況になると消費者の財布のひもが固くなるから、不況のときこそ政府が増税し、医療や介護に投資すれば雇用が増え、景気は回復し、税収も増えて財政再建が可能になる、というのです。

 菅氏は財務大臣に就任するや消費税増税による「財政再建」を主張し始めました。増税が社会保障に使われる保証はありません。民主党は法人税率の引き下げも目指しています。増税で景気が回復するのなら、なぜ法人税を引き上げないのでしょうか。

 ちなみに故サミュエルソン教授は、日本の「デフレ」対策として、増税ではなく減税を説いていました。
(沢庵)
posted by flyhigh28 at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 消費税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

前政権の失敗に学べ「説得すべき相手は米国だ」

沖縄タイムス6月5日の社説が先ほど眼に留まった。熱くたぎるものが、胸の奥底から湧き上がった。
この社説を、私は全面的に支持する。中でも、次のクダリは、菅直人という人物が、いかに鳩山とよく似ているか、いかにいい加減で薄っぺらい政治家なのか、よく示しているから、ここにコピペしておきたい(沖縄タイムズさん、ゴメン)。

 この失敗から何を学ぶかが新内閣にとって最も大事な視点になるはずだ。

 無批判に日米合意の継承を宣言した菅首相は果たして基地問題を解決する秘策があるのだろうか。民主党が真の意味で再生するには国民との約束を誠実に果たす政治意思と実行力を示せるかどうかにかかっている。

 菅首相は過去に何度も「海兵隊撤退論」を主張した。「常時駐留なき安保」の考えは鳩山前首相と気脈を通じる。

 98年に沖縄で開催した党大会で、党代表だった菅氏は「海兵隊を米領に戻しても日米安保上支障はない。どうしても必要であれば削減して本土へ移転するのも当然だ」と海兵隊の県外・国外移転を打ち出した。

 沖縄の基地問題に関する超党派勉強会の会長に就任した2005年、普天間の辺野古移転について「不可能だ。県外、国外へ移転すべきだ」と発言した。

 日米同盟を維持するにしても在日米空軍と第7艦隊を継続駐留させれば海兵隊が米国へ退いてもアジアの安保環境へダメージを与えない、との論陣を張った。米軍再編を受けた日米交渉で在沖米海兵隊司令部など8000人のグアム移転が決まった後も同じように主張していた。

 ところが鳩山内閣で副総理に就任してからは普天間を含む安保問題について発言を控えていた。

 いまは鳩山前首相による日米合意を継承するという。政治家が「言葉の重み」を顧みなかったことが前内閣の致命傷だった。菅首相も同じ過ちを繰り返すのか。

 地元の名護市は一貫して反対している。辺野古周辺の埋め立ては県知事の認可が必要だが、知事が地元の反対を無視できるはずもない。日米合意を実行するには国が知事から権限を取り上げる強行突破しか打開の道はない。

 「地域主権」を政策の一丁目一番地としている民主党が、国家権力で地域を押しつぶす愚行に走ればこの国の民主主義は死ぬ。外国軍基地の問題で首相が交代し、民主主義を見失う国はおかしい。

 普天間問題で政府が説得する相手は沖縄ではなく米政府であるはずだ。鳩山前首相はそれを怠ったため、国民は民主党に失望した。

 普天間をめぐる鳩山内閣の迷走を「無意味な8カ月」にしてほしくない。
posted by flyhigh28 at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 政局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

首相は一体、何に価値を置いていたのか?

今日読んだNBONLINE「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」の『辞任なんかじゃ許されない、鳩山首相が落とした“影”』は、おおいに頷いた。

中でも、「首相は一体、何に価値を置いていたのか?」には、大きな拍手をもって読んだから、ここに紹介しておきたい。

その鳩山を担ぎ、片腕だった菅直人を新首相に選んで新しく生まれ変わったかのような振りを盛んに口にする民主党。呆れるばかりだ。

(引用ここから)
 職場でも同じだ。方針をよく翻したり、言うことがコロコロと変わったりするリーダーの下にいる部下は、一貫した経験をすることができない。何が本当で、どこに真実があるのかが混乱するだけでなく、「自分はないがしろにされている」と自尊心は傷つき、反発心が強まり、不安感ばかりが高まっていく。

 つまり、部下たちの把握可能感を育むには、リーダーの一貫した態度や考え、価値基準などが必要となるというわけだ。

 鳩山首相は当初、「普天間飛行場そのものを県外に移す」という方針を示していた。「最低でも県外」だと断言し、「腹案がある」と自信たっぷりに答え、「本当に今のままで大丈夫なのか?」という不安を一掃する態度を取り続けた。

 ところが、いつの間にか「できる限り県外」と方針を曖昧にし、挙げ句の果てには、「私自身の『できる限り県外だ』との言葉を守れず、県民の皆さんに大変混乱を招いたことに関して心からお詫び申し上げたい」などと言い出した。

 一貫性など微塵もない。態度も一貫していなければ、考えも(今となってはどんな考えだったのかさえ分からなくなってしまったが)一貫していなかった。
首相は一体、何に価値を置いていたのか?

 鳩山首相は、一体、何に価値を置いていたのか? 鳩山首相というリーダーにとっての価値基準=価値ある大切なもの、とは何だったのか?

 親は我が子を「何ものにも代えることのできない大切な人」と思うから、何があっても必ず子供の元へ戻る。子供を叱ったり、怒ったりすることがあっても、それは「大切に思う」からだ。その気持ちは一貫したものとして、子供に伝わるものである。

 鳩山首相にとって、「大切なもの」とは何だったのか? 沖縄の人たちなのか、アメリカの人たちなのか、それとも自分自身の立場なのか。

 もし、それが「安全保障=アメリカの人」ということであれば、現行案を基に少しでも沖縄の人たちの負担が軽減される措置を考えれば、それで済んだはず。

 それが「沖縄の人の生活」ということであれば、基地の県外移設だけにとどまらず、基地がなくなった場合の経済的な基盤まで、どんなに時間がかかっても取り組めたはずだ。

 「何が一番大切なのか?」さえ明確になれば、リーダーとしてなすべきことが必然的に決まる。

 「大切なもの」──。この極めてシンプルな価値基準こそが、リーダーに求められるものなのだ。残念なことに鳩山首相には、それがなかった。その結果、言葉を翻して態度を曖昧にし、最悪の結果を招いた。「米国に依存し続ける安全保障、これから50年、100年続けていいとは思わない」と辞意表明では述べていたが、「今、大切なもの」は何なのか? その答えを出さなかったことが本質的な問題だったのではないか。

 一体、鳩山首相の大切なものとは何だったのだろうか。今でも分からない。
 
 
 
 
posted by flyhigh28 at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 政局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

欧州懸念をきっかけに再び世界的株安が

今日のロイターニュースで私が注目したのは次のニュースだ。いずれ消されてしまうだろうから、ここに全文コピペして残しておきたい。今後の政治経済を考えたり語ったりするときに必ず必要になる重要な視点を提供してくれていると思うからだ。


悪化する外部環境、買い姿勢の個人投資家は正念場に
2010年 06月 7日 16:15 JST

[東京 7日 ロイター] 売られ過ぎゾーンからのリバウンドをみせていた国内株が、再び打撃を受けている。欧州債務問題の拡大があらためて意識される一方、予想を下回った米雇用統計を受けて米経済のファンダメンタルズ回復に対する確信に陰りが出るなど外部環境が悪化。

 これまで買い越してきた個人投資家も正念場にさしかかっているとの声が出ている。

 7日の東京市場は前週末の米株急反落や足元でのユーロ安進行を受けて、日経平均が400円近い大幅な下げとなった。4日の米雇用統計やハンガリーの債務問題浮上などによる海外市場の大幅安を受けて、輸出株を中心にほぼ全面安の展開。上海や香港などのアジア株も売られており、世界的な株安スパイラルへの警戒感が強まっている。市場関係者によると、国内株式を取り巻く状況には2つの転機が訪れているようだ。1つは米国のファンダメンタルズが順調に回復しているという確信が揺らぎ始めたこと、もう1つは国内個人投資家の買いスタンスだ。

 欧州の財政赤字問題では、問題国への支援額がさらに膨らむことが明らかになった場合、フランスなど中核国の財政悪化リスクを、市場が意識し始めるという構図になりつつある。第一生命経済研究所・主席エコノミストの嶌峰義清氏は、ギリシャに端を発した欧州の債務問題がハンガリーに飛び火したという単純なことではなく、中南米も含めたグローバルなソブリン・リスクが加速する恐れを示唆していると指摘する。嶌峰氏はこれまで順調に回復しているとみられていた米国景気についても「雇用統計の数字をみるまでもなく、失業保険の申請者数は増加を続ける一方、住宅ローン申請数は急激に落ち込んでいる。夏から秋にかけて米国のファンダメンタルズ回復に急ブレーキがかかる可能性がある」とみる。「信用リスクとファンダメンタルズ鈍化という、2つの大きな問題に一気に火がつく」と述べた。

 日興コーディアル証券・シニアストラテジストの河田剛氏も、米国の雇用情勢の回復スピードが鈍く、回復シナリオが全体的に下押しされているとみている。「欧州債務危機がハンガリーに拡大するとの懸念が浮上したこともタイミングが悪い。欧州の金融機関への対応を間違えると影響が出てくるだろう。欧州の銀行の健全性審査(ストレステスト)を注視していく」と慎重だ。

 <個人投資家はどこまで持ちこたえられるか>

 5月連休明け以降の下げ局面においても個人投資家は買い越しが続いてきたが、市場では「買い越してから8週目となり、どこまで持ちこたえられるのか正念場となってきた」(国内証券)との声が出ている。立花証券・執行役員の平野憲一氏は「依然、個人投資家からはこの下げ局面でも買いたいとの問い合わせがあり、買い意欲はおう盛のようだ」とみる。ただ、信用評価損が11%近くまで拡大する一方、日経平均が直近安値(5月27日の9395円29銭)水準の9400円を再び割り込み、そこから戻らないリスクも意識されているという。

 5月27日の取引時間中に9400円を割り込んだ後は、いったん値ごろ感が出て自律反発となったが、市場では「海外要因の悪化で反転のきっかけが見えない中で、再び9400円を割った場合、9000円程度まで下押しすることも考えられる。信用取引における追加委託保証金(追い証)が発生すれば、個人投資家は苦境に立たされるだろう」(国内証券)との声も出ている。 

 足元では、個人投資家が好むといわれるオリジン電気(6513.T: 株価, ニュース, レポート)やトプコン(7732.T: 株価, ニュース, レポート)などの小型株が売られている。インベストラスト代表の福永博之氏は「通常、海外投資家が売ったものを個人投資家が拾う形だが、きょうの小型株の下げは個人投資家によるロスカットによるものだろう」と指摘。「ロスカットの範囲で収まっているうちはよいが、追い証の発生で投げ売りとなる可能性もあり、要注意だ」と述べた。 

 (ロイター日本語ニュース 石渡 亜紀子 編集 田巻 一彦)
posted by flyhigh28 at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済危機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ消費税でなければならないのか

 日経ビジネスで小峰・法政大学大学院政策創造研究科教授は「なぜ消費税でなければならないのか」と題して、縷々その必要性を論じているが、ここで彼は、意図的かどうかは知らないが、「税は、誰が、どのように、どれくらい、負担してきたか、また今現在負担しているか」について頬かむりして議論を展開していることに注意しなければならない。

 消費税を5%上げて大企業へはその相当分を減税している。この世界的な経済の停滞の中で、さらに大企業減税を行おうとする動きがあるが、その埋め合わせとして「経済の専門家」や「エコノミスト」が競って消費税アップを叫んでいる。

 問題なのは、民主党という政党も新首相の菅直人も消費税増税の推進派ということだが、このことを国民は承知の上で支持し、期待しているのだろうか。


posted by flyhigh28 at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 消費税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

「鳩山の思いを受け継ぐ」?

共同通信の世論調査で、菅氏への期待が57.6%、民主党の支持も36%に急上昇だった。
しかし、忘れてはいけない。菅氏は鳩山内閣の重要閣僚だったということ、つまりは鳩山と同罪であるということを。
さらに、YOMIURI ONLINE 6月6日1時30分配信によると、「菅新首相は6日未明、首相官邸でオバマ米大統領と約15分間、電話で会談した。菅氏の首相選出後、日米首脳の電話会談は初めて。沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題で鳩山政権が5月に米政府と合意した日米共同声明について、菅氏は日米合意を順守する考えを表明した」という。
これが、市民派? 市民運動出身の政治家のやること? これじゃあ、まるで、自民党の”なし崩し的解決”ではないか。国民を騙して大量得票し政権を取り、取った後は、あれこれやると言ってきたが、やっぱりできないことがわかりましたって表紙を変えて、オバマと電話で日米合意を遵守。
鳩山氏の「やったこと」でなく、「思いを受け継ぐ」と言うのなら、去年の総選挙で鳩山氏が言った「国外、少なくとも県外移設」という「思い」をこそ受け継ぎ、アメリカと交渉すべきではないか。
日米合意の遵守が鳩山氏の思いというのなら、あの総選挙の発言はウソだったことになる。
いま、菅氏は「日米間の合意」、「沖縄の軽減」を口にするが、大前提の、沖縄県民に公約と思わせ期待させたあの言葉を実行に移すつもりなど、露ほどもないらしい。これで期待したら、またまた肩すかしを食らうことは明白。
posted by flyhigh28 at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 政局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

昨年の総選挙、民主党大勝の意味を問う

どうして政権交代となったか。あらためて問い直すことが必要だ。自民党長期政権で生じた政官業の癒着、官僚支配、利益誘導政治を改めると訴えてきたのではなかったか。そして極めつけは、沖縄での「国外、県外」発言である。
沖縄県民はもとより、国民は、雪崩を打って期待し投票した。その結果ではなかったか。
だとすれば、これは、民主党は幼かったとか未熟だったとかいうようなレベルで論じてはならない問題だ。
政治家・政党は、国民に自らの政策を語り、支持を広げ、政権を取ったら語って聞かせ、期待させた政策を実行していくことは、約束を実行することに他ならない。
おおいに期待させておいて、「いやあ、ごめん、ごめん。」では済まないのだ。これは、明白な詐欺である。

今回、詐欺師・民主党のオモテ看板を変えたが、もっとしたたかなワルの登場となったと言えよう。
なぜなら、「市民運動からスタートした経歴」を盾にまたまた国民を欺き、やろうとしていることは、消費税増税だからである。

もちろん、沖縄・普天間の問題は、このままで変更しない腹であることは容易に見て取れる。

美味しそうに作り直した饅頭の中のアンコは毒。こんなことで参院選をやるというなら、その饅頭、足で踏み潰してしまいたい。



posted by flyhigh28 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 政局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

表紙を変えることに民主党も反対だったはず

自民党が、くるくると表紙変えして政権を延命させた、あのとき。民主党は批判していたはず。だが、今は、自ら第二自民党の本性を露わにしている。

「民主党よ、おまえもか」という無力感から政治そのものにたいする嘲笑さえ出始めているようだが、いよいよ鳩山一人の資質の問題ではなく、民主党という党自体の胡散臭さがオモテに現れてきたということだ。

かつて、小泉自民党が人気を集めたとき、前原を代表にして新自由主義的政策に近づいた。構造改革の負の側面が喧伝されると小鳩体制で「生活第一」と言った。自民党がブッシュ大統領に追随すると、民主党はアフガン復興のインド洋での給油活動停止を言った。

ここから明らかなのは、「友愛」が理念なのではなく、単に、自民党へのアンチテーゼでしかなかったこと、「この国をどうするのか」というグランドデザインが無かったということだ。

こやつらには、共産党のようにアメリカや財界にきちっとモノを言う気概なんぞないかわりに、さすが、第二自民党ばりに、アメリカの言いなりに普天間を決着させようとしたり、消費税増税を言って財界のご機嫌を取ってきたことを見れば、菅直人が首相になっても、この路線は変わらないだろう。

こいつぁ、衆議院解散、総選挙をやるっきゃねえだろっ。政治を見るとき考えるとき大事なことは、誰のための政治なのか、政策なのか、その政策で得する者は誰なのか、損する者は誰なのか、その政党、政治家はきちっとモノを言い、ブレないか、きちっと検証することだろう。

ここらで、アメリカにも財界にもきちっとモノを言い、一貫して民衆のためにブレない共産党を伸ばしていくことが、これからの俺たちの暮らしにとって必要なんじゃないだろうか。そんなふうに思えてしょうがねえ。

posted by flyhigh28 at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 政局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログランキングのブログん家
人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。