2010年07月07日

所得税、最高税率上げ検討=「再配分機能が低下」−菅首相

 「所得税、最高税率引き上げ検討」と言い出したが、支持率急落で議席が半数に届かない可能性が出てきたために、民意を引き戻そうと投票日前になってあわてて言い出したものの、苦肉の表現の中に、またもや、騙しの手口が透けて見えるではないか。



所得税、最高税率上げ検討=「再配分機能が低下」−菅首相

 菅直人首相は6日、日本テレビなどの番組で、現行40%となっている所得税の最高税率引き上げや、法人税の課税対象拡大を検討する考えを明らかにした。所得税については「所得再配分機能が低下している」と指摘。同時に「(消費税と)連動する議論が必要ではないか」として、消費税率を引き上げた場合の低所得者対策との一体的論議が必要と指摘した。
 所得税の最高税率に関しては、民主党の枝野幸男幹事長も引き上げるべきだとの見解を示している。参院選後に税制改革論議が本格化すれば、消費税増税とともに焦点となりそうだ。

 「現行40%となっている所得税の最高税率引き上げ」とは言うものの、いったいどれくらいあげるのか、今の税率カーブの延長上に最高税率を持っていくのか、などなど不明な点がある。

 さらに、同時に「(消費税と)連動する議論が必要ではないか」として、消費税率を引き上げた場合の低所得者対策との一体的論議が必要と言っている。

 なんのことはない。あくまで消費税増税を前提にしての話である。これまでの言説からはっきりしていることは、消費税は自民党と同じく10%アップ、所得税の最高税率はなんぼにするか分からんが、引き上げることを「検討する」というものだ。最高税率を「引き上げる」とは言っていないことに注意が必要だ。

 「検討する」という言葉は便利な言葉で、「やります」というものではない。だから、「検討する」と言ったがやらなかったとしても責任は問われない。甘言を弄する者にとっては、これほどオイシイ言葉はない。だから、「検討したけど、やっぱりできません」なんてことがザラに起きる。聞く側にとっては、決して期待してはならない「悪魔の囁き」だということを肝に銘じることが肝要だ。

 危ねえ〜。うっかり、引っかかるところだったな。具体的に明確なのは消費税10%にするってことだけで、後は支持率回復のための「人寄せパンダ」的発言だってことだ。

 騙されて、こんな政党を支持しちゃ、なんねえぞ。消費税増税をストップすることが、ワシら庶民の暮らしにとっちゃ、いまもっとも大事なこと。そのためには、やっぱ、共産党の議席を伸ばすことしかないだろう。

 消費税の使い道や、法人税減税への言及もあるが、この点は別エントリーとしよう。
 
 
 
posted by flyhigh28 at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 政局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ブログランキングのブログん家
人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。