2010年06月15日

老齢加算廃止は違法、福岡高裁判決

国の生活保護制度見直しで、原則70歳以上の高齢者に支給されていた老齢加算を廃止したのは違法として、北九州市に住む74歳〜92歳の男女39人が、市の生活保護変更決定の取り消しを求めた訴訟の控訴審判決で、福岡高裁は14日、請求を棄却した一審福岡地裁判決を取り消し、全員の減額処分を取り消した。

画期的ですねえ。久しぶりに良いニュースだ!

「裁量権の逸脱」、「正当な理由のない不利益変更」で、生活保護法違反とした。生活保護を「国の恩恵ではなく、法的権利」と、判例を踏襲。

posted by flyhigh28 at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/153303634
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ブログランキングのブログん家
人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。