2009年08月28日

だからこそ必要、共産党の議席増

塩田潮の政治Live! 総選挙は来夏までの1年に及ぶ 政治体制変革劇の「開幕ベル」 -(東洋経済ONLINE 8.28)を読んでいて思ったことがいくつかある。
http://www.toyokeizai.net/business/society/detail/AC/5c73721c927d04ccfb7735cb49ab7198/

中でも特徴的なのは、「哀れ、社民党」。
かつて、自社さ連立政権のとき、それまでの自衛隊は違憲という立場を捨ててまで大臣の椅子、総理の椅子に拘ったあげく解党して、社民党に行った者もいれば、他へ行った者もいる。いま言えることは、かつての社会党の面影は、みじんも残っていないということか。

これから一年の長丁場という意識が、どこの党・政治家にあるのだろうか。

だんだんと化けの皮が剥げはじめた民主党に対して、「建設的野党」として踏ん張る共産党には伸びてもらわねばならない。今回の選挙の投票は2回おこなうわけだから、少なくとも「比例票」は共産党に入れれば良い。

posted by flyhigh28 at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 総選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ブログランキングのブログん家
人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。